私は23歳からハゲました。最初剃り込みが入ってきたのですが個人的には、ヤンキーみたいでカッコイイなあとか楽観視してました。

 

それから一年ぐらいしてシャワーを浴びると鏡を見た自分の姿に驚愕しました。頭の真ん中ら辺が水に濡れて透け透けだったのです。

 

その透け具合といったら水木しげるの漫画に出てくるカッパそのものでした。それがちょうど24歳の時でした。

 

その頃まだ女性経験もなく、今までですら女に縁がないのに、ハゲたら三次元の女性には永久に未来永劫縁がなくなると恐怖と絶望を味わい初めて育毛を始めてみようと、決意をした瞬間でした。

 

その時私はテレビで宮迫のCMしてるスカルプdというシャンプーが良いのかと毎日のようにテレビで洗脳されてましたので迷いもなく通販で購入して早速使いはじめました。

 

私の地獄はそこから始まったのでした。しかし、スカルプdを使い始めても全く抜け毛は減らず毎日500本は抜け落ちていました。

 

普通の人間は100本から200本なので3倍は抜け落ちていました。そうやって育毛をしていきましたが、わたしの髪の毛は30になる頃にはサッカーバイエルンに所属のオランダのスター選手アリエンロッペンぐらいの毛髪量になっていました。

 

サッカーに詳しい人はそんなのアリエンロッペンだけにアリエンというのでしょうが、あ、すいません。今のは冗談でしたがロッベンも30の頃には誰もが認めるハゲでした。

 

そしてわたしもロッベンぐらいのハゲでした。そんなこんなで、わたしが育毛を諦めようとしてた矢先、わたしのバイトにスリランカ人が入ってきてその外国人と、わたしは仲良くなりました。

 

そしてそのスリランカ人は40歳ぐらいでわたしより10歳も、当時年上だったのですが毛髪量が黒々してフサフサして見た目は完全に、わたしが年上でした。

 

ある時わたしがスリランカ人になんてフサフサで羨ましいといいました。しかしスリランカ人は待ってましたというばかりに私も昔はハゲだったというではないですか。

 

わたしは驚きのあまり絶句しましたがスリランカ人はなお話し続けます。わたしの国スリランカでは頭を洗う時は水で洗うと日本人はみんなシャワーで頭を洗う時はお湯で洗うから薄毛が多いといいます。

 

たしかにスリランカでは薄毛が、少ないのはそれのせいかとその日から私は水で頭を洗い始めました。

 

それからというもの、私の脱毛は極端に減り今ではロッベンからサッカーバルセロナのイニエスタぐらいの、毛髪量に復活しました。皆様にオススメ致します。