子供を産んでから、2年くらい経ったある時から毛がごっそり抜けはじめ頭全体が円形脱毛症になっていました。

 

まず行ったことは飲んでいた薬の副作用を疑い、薬を違うものに変えました。また皮膚科にも通いました。

 

円形脱毛症は自己免疫疾患と言われ、原因はよくわからないそうです。

 

皮膚科の治療では、アンテベートローションを使用しました。皮膚に塗ると毛が生えてくる副作用があるということで、その副作用を利用しての発毛促進ということでした。

 

毎日朝夜に脱毛している部分に塗りました。1年半ほど治療を続けました。

 

柑橘類を使用した育毛剤も併用して頭皮のマッサージを行いました。頭皮がすっきりするという効果はありました。

 

毛がふさふさと生えてくるといったような効果は実感できませんでしたが、生えてくる毛が強くなっている印象を受けました。

 

抜け毛が減ったように思います。

 

アンテベートローションで毛が生えてきてからは、食生活にも注意しました。

 

脂っこいものを控え、野菜やわかめなどの海藻をよく食べるようになりました。毎食のようにわかめを食べていました。

 

マクドナルドやお惣菜などの食事は控えていました。毛が抜け始めた頃は太っていましたが、体が痩せていくのと同じ時期に髪の毛も生えてきました。

 

お風呂に入ってシャンプーをしても髪が抜けることが少なくなりました。

 

子供が大きくなってきて、育児によるストレスが少しずつ軽減されてきたことも毛が生えてきた一因かもしれません。

 

食事や睡眠などを十分にとることにより体のストレスが軽減し、毛が生えてきたのではないかと思います。育毛剤は今でも使用しています。髪にコシが出て、綺麗な髪になります。

 

円形脱毛症が治ってからは、白髪も減ったように思います。

 

円形脱毛症を発症していたころは白髪も増えて老化を感じましたが食生活を見直し、ウォーキングなどの運動に取り組み始め、体の状態が少しずつ変わると、毛も生え始めました。

 

円形脱毛症を発症していた時には、ネットで購入したフルウィッグを使用していました。見た目はいいのですが、肩が凝ったり、汗をかいたりすると頭が蒸れて大変でした。

 

まわりにウィッグがばれていたかはわかりません。女性だとウィッグなどは不自然ではないので、そこまで気にしませんでした。

 

歯の金歯の金属アレルギーが原因ではないかと言われたときもありましたが、歯の治療は行わなくても毛が生えてきたので、金属アレルギーが原因ではなかったと思われます。